作家雨宮処凛の公式サイトです

最新刊

祝祭の陰で 2020-2021 コロナ禍と五輪の列島を歩く(岩波書店  2022年3月25日発売)

祝祭の陰で 2020-2021 コロナ禍と五輪の列島を歩く

岩波書店/1,800円+税(2022年3月25日発売)

「オリンピックどころじゃない」

震災直後のままホットスポットが残る福島・双葉町、台風被害にコロナ禍の重なる千葉・南房総、閑古鳥の鳴く沖縄・国際通り
コロナ禍で止まった日本を歩き、取りこぼされた人々の声を聞く、あの2年間の記録

華々しく開催されるはずだった「復興五輪」に襲いかかったコロナ禍。一年後、収束しないパンデミックの下、無観客で開催された平和の祭典の陰にあった人々の生とは一一一。

オリンピック準備のために公園を追い出された野宿女性、電話相談に届いたタクシー運転手からの「臓器を売りたい」という声。「コロナの発生源」と集中砲火を浴びた屋形船。聖火リレーが通る予定だった福島では、震災から九年後も当時のままの光景が無残に残されていた。

未知のウイルスによって止まった日本を歩き、各地の現場から見た、あの二年間の記録。

本書の目次を表示

書籍情報


amazon 雨宮処凛著作ページ

PAGETOP
Copyright © 雨宮処凛 公式サイト All Rights Reserved.