作家雨宮処凛の公式サイトです

最新刊

非正規・単身・アラフォー女性 「失われた世代」の絶望と希望
非正規・単身・アラフォー女性 「失われた世代」の絶望と希望

光文社新書/780円 (2018年5月17日発売)

仕事・お金・結婚・出産・病気・老後・親の介護・孤独・・・
不安・心配が尽きないこれからの人生
希望は「普通」

現在のアラフォーは「受難の世代」—–。過酷な受験戦争を強いられたこの世代は、社会に出る頃にはバブルが崩壊し、就職氷河期にぶつかる。そのため、彼ら・彼女らの多くがフリーターや派遣という非正規人生となった。その後も、ワーキングプア、リーマンショック、派遣切りといった言葉に象徴される茨の道を歩み、「失われた二〇年」とともに生きてきた。

特に現在、アラフォー女性の約半数は非正規。お金の問題にとどまらず、結婚、出産、病気、老後、親の介護、孤独といった問題にも直面している。自らも「非正規・単身・アラフォー女性」である著者が、同世代の女性にインタビュー。数多くの不安を抱えて生きる現代アラフォー女性たちの「証言」から何が見えてくるのか。巻末にライター・栗田隆子氏との対談を収録。

本書の目次を表示

ブログ更新情報



amazon 雨宮処凛著作ページ

PAGETOP
Copyright © 雨宮処凛 公式サイト All Rights Reserved.